• 冷機部品
    熱工と工業制御
    設備製造
    知能化製造
    新エネルギー自動車
    省エネサービス

    世界で新たに設置された家庭用空調2台につき、1台に盾安製品が使用されております。

    盾安環境は世界冷機部品業界のトップ企業として、業界における最先端の技術、品質、販売、製造メリットを持っております。その中、グローブバルブや四方弁、電子膨張弁、リザーバーなどの主力製品は年間生産量が一千万レベル以上で、販売量も世界のトップクラスとなります。ちなみに、グローブバルブは世界一、四方弁と電子膨張弁は世界二位です。

    弊社は、システムマッチングやエネルギー最適化サービス、設備および遠隔制御等を含めた、省エネ型冷房システムの完全なソリューションをご提供いたします。弊社製品および方案は家庭用空調や業務用空調、ヒートポンプ、冷凍冷蔵、新エネルギー自動車等の分野に広く応用されております。

    盾安環境はずっとグローバル化開拓に力を入れてまいりましたが、中国および世界各地に業務拠点を配置し、グローバルマーケットを見据え、完備された生産拠点およびマーケッティング販売サービスネットワークを設立し、顧客に行き届いたサービスを提供しております。

    世界最先端に立つ熱工ソリューションプロバイダになります

     盾安環境の熱工および工業制御部品業務は、主に業務用空調システムやデータセンター空調システム、冷凍冷蔵、ヒートポンプ給湯器、コンテナ、レール交通、自動車、艦船等の分野に応用されており、主に羽式熱交換器やマイクロチャンネル熱交換器、多管式熱交換器、工業知能制御部品等が含まれております。

    2015年国家科学技術奨励大会において、盾安環境はマイクロチャンネルプロジェクトの主要完成企業として2014年度国家科技進歩二等賞を獲得し、マイクロチャンネル熱交換器の蒸発器や低温ヒートポンプシステムでの応用技術難所を成功に解決したほか、TRANE U.S. Inc.のマイクロチャンネル生産ラインを買収し、アメリカ合衆国テネシー州に部品生産拠点を建設いたします。

    中国における原子力発電HVACシステムゼネコン資格業績を持つただ二社の中の一つ

    原子力発電分野においては、世界初の原子力レベルの水冷式チラー、原子力レベルの遠心送風機、空冷式チラー、AP1000原子炉上部送風機等の主力製品の研究開発に次々に成功し、国内において原子力発電HVAC製品を最も完備し、製品技術が最も高い企業の一つです。

    送風機分野においては、50年間の工業用送風機製造経験を生かし、電力業界や冶金業界、石油化学業界、建材業界および汚水処理等の業界に数多くの優良な送風機設備を製造してまいりました。

    盾安低温流通システムのCO2環境友好型冷房技術は世界トップクラスで、大型冷蔵倉庫での応用に大きな突破を果たしました。

    センサー、ロボット技術は世界トップクラスです

    盾安環境は高級知能化製造へ積極的に転換し、現在世界中に「知能化工業制御部品+センサー+ロボット」の知能化製造産業へ布石を打っております。

    2014年に世界トップクラスのセンサー技術を持つMicrolux technology,incを買収し、盾安センサー科技を設立しました。さらに、2015年にセンサー蘇州研究所を設立した上、中米の研究開発を互いに提携し、MEMSセンサーにおけるチップ研究開発設計からパッケージングおよびシステム統合までの総合競争力の創出へ力を注ぎ、圧力センサー市場参入を皮切りに、徐々に他の分野へ展開してまいりたいと思います。

    2015年12月、弊社は、人と機械の協調を目指す軽量工業用ロボット製造トップ企業――遨博科技に戦略的に投資し、知能化製造分野へのレベルアップを果たしました。遨博科技は中米のトップクラスの研究開発チームを保有しており、インターネット特徴を持つ工業用ロボット製品とサービスの創出に力を注ぎ、既に制御器や端末、電機、センサー等の重要技術を突破しました。さらに数多くの重要特許を持っており、現在工業用ロボット応用分野への革命的創出に力を注いでおります。

    盾安環境はセンサー+ロボットの産業布石をバックに、知能化製造分野のプロバイダーとなります。

    盾安環境は新エネルギー自動車熱管理システム産業に力を注ぎ、業界の一位二位を争うようになります。

    上海交通大学と「盾安環境――上海交通大学新エネルギー自動車技術連合研究開発センター」を共同で設立し、新エネルギー自動車の熱管理システムと電機電気制御システムおよび重要部品を共同で開発いたします。

    新エネルギー自動車圧縮機企業――精雷電器を戦略的に買収し、新エネルギー自動車圧縮機やマイクロチャンネル熱交換器、流体制御、センサーなどの重要部品の完全な製品チェーンを形成させ、新エネルギー自動車空調システムにおける全体設計と製造能力を創出する。目標は約5年間以内に新エネルギー熱管理システム分野のトップクラス企業になることです。

    国の「清水・青空」に貢献いたします。

    工業余熱(発電所や鋼鉄工場、大型化工工場等の余熱利用)を利用できる技術能力を生かして、再生エネルギーの有効的利用を通して、地域のエネルギー熱供給施設を建設し、集中的に熱供給を供給いたします。既に山西原平や山東莱陽、河南鶴壁、河北武安等で熱供給施設を5000万㎡以上建設しましたが、十三回五年計画の末迄に熱供給面積が10000万㎡に達し、国内における省エネ熱供給分野のトップクラス企業となります。

    省エネ・排出削減という国の政策をしっかり掴み、プロジェクトの資源を深く統合しながら、インターネット技術を通して、会社のエネルギー効率検査フォームを生かし、データ分析とエネルギー効率運行監視を通して、運営経験を積み重ねて行きます。「無人熱交換所」の最適化運営を実現することによって、「知能化運営」の実現に努め、運営コストを抑え、運営効率を高めていきます。国が提唱した「余熱利用」と「グリーン熱供給」に積極的に応え、協会や研究機関、大学との技術交流を強化し、会社全体の技術と研究開発水準を高めていきます。都市熱供給の南北特徴に応じ、それぞれの供給方式と再生可能な新エネルギーを発展させ、省エネ業務のレベルアップを推進する。

    PARTNER

    協力会社

    注:順不同