• 盾安環境が2018中国制冷展に完璧に締めくくった
    日付:2018-04-16  源:

    4月9日、2018中国制冷展が北京国際展覧センターで盛大に開幕した。盾安環境は初めて「盾安の芯 冷暖を知る」というテーマで出展し、冷却バルブ部品、熱交換器、スマート制御ユニット、新エネルギー自動車における熱管理システム用重要部品等の全シリーズ製品を全面的にデビューさせた上、家庭用空調やマルチ空調、冷凍・冷蔵、新エネルギー自動車、ヒートポンプ、新冷媒及び新材料等の斬新な九つのシステムソリューションズを設置し、盾安環境が持つ業界30年間の技術蓄積及び複数の細分化分野でのシステムソリューション能力を全面的にアピールした。

    今回出展した幾つかの製品の中、消音電子膨張弁や挿入式マイクロチャンネル、温度/圧力一体化センサー、SUS製四方弁等、様々な「スター製品」が展示された。特に温度/圧力一体化センサーは2018中国制冷展のイノベーション製品大賞を獲得した。

    会場において、見学に来た観客は絶えずにいた。200㎡余りのブースに、問合せや商談のためにお客様及び業界専門家たちは集まってきた。顧客担当のマネージャーも製品担当のマネージャーも全員出陣し、お客様に丁寧に説明した。特別に馮忠波董事長及び江挺侯総裁は会場に来て、格力グループや美的グループ等の幹部たちと全面的な交流を行い、今後の更なる協力にしっかり基礎を築いてきた。

    前の文章
    次の文章